デリヘル

平成の大合併

川口は明治2年には大宮県、ついで浦和県に属した後、明治4年の廃藩置県によって埼玉県に属することになります。明治7年、「宿」から「町」に名称が変更されます。明治時代には技術改良や日清、日露戦争などによる好況に支えられて鋳物工業が飛躍的に発展し、荒川・芝川を利用して原料や製品の運搬が盛んになります。安行の植木も生産農家は増大し続けています。明治20年代に当時の日本鉄道会社が上野と前橋間で開業し、明治43年に川口町駅が開業しています。新荒川大橋が建造され、鋳物産業は全国に知れ渡るようになります。

 

昭和8年、川口町は横曽根村・南平柳村・青木村と合併して「市」となった後も、昭和15年には柴村などの3村、さらに昭和31年には安行村、昭和37年に美園村の一部と合併を果たします。昭和恐慌による打撃はあったものの、第二次大戦後に民間需要への転換が早かったことから産業の復興が目覚ましく、全国有数の鋳物の街として再び栄えることになります。1964年(昭和39年)のオリンピックでは聖火台をこの街で鋳造しています。

 

東京オリンピック前後から急速な都市化が進みます。工場の移転などを経て、東京のベッドタウン化していきます。平成14年(2002年)にはいわゆる平成の大合併によって隣接する鳩ヶ谷市と合併しています。埼玉県内でも屈指の人口の多い街であり、市と区の実質収支ランキングでは神奈川県横浜市や東京都江戸川区などと並ぶ大商業圏としてランク付けされています。


近視改善

悩みの近視を改善するお役立ちサイト!
http://www.kinnshi.info/